千葉西総合病院 看護部

047-384-9406

認定看護師を取得する看護師をサポートしています

この道を進むからには、認定看護師はやはり一つの目標です。
千葉西総合病院は、認定看護師を目指すナースを手厚くサポートしています。
これから入職される皆さんも、志高くぜひ認定看護師を目指し頑張ってください。

専門職活動紹介①〜感染管理認定看護師

(左)副看護部長:山崎 ゆかり
サーベイランスはBSI、UTIを担当
趣味は嵐のDVD鑑賞

(右)副主任:上戸 暢子
サーベイランスはSSIを担当
趣味はイラスト作成

Q.専門分野について活動内容を教えてください。

【医療関連サーベイランス】
感染症の発生状況を系統的・継続的に収集し分析する医療サーベイランスは、私たちの大切な仕事です。現在行っているサーベイランスは、血流感染(BSI)・尿道留置カテーテル関連尿路感染(UTI)・手術部位感染・心臓血管外科(SSI)です。

Q.資格取得をして良かったと思う事例を教えてください。

資格取得後は、環境感染学会などの学会に参加しています。院内だけで考えるのではなく、他の病院の感染対策の取り組みはとても参考になります。その学びを活用し感染対策に職員一丸となって取り組むことができ、さらに目標を達成できた時は私たちの大きな喜びです。

Q.WEBを見ている方へメッセージ!!

感染管理は大変ですが、とてもやりがいのある仕事です。部署横断的に活動するので様々な職種と連携を取っています。
将来専門分野で活躍したいと考えている方は、是非「感染管理認定看護師」も候補に入れて下さい。

後藤 佑介

正月の初詣とかの用事で神社やお寺に行くと、必ず「今年は麻疹が出ませんように、インフルエンザのアウトブレークが起きませんように」と10回くらい念じてからお賽銭を投げます。特に、地域内で感染症が流行している時は、奮発して100円も賽銭箱に投げています。そんな感じの私です。宜しくお願いします。

Q.専門分野について活動内容を教えてください。

菌やウイルスなどの病原微生物はベッドサイドで直接見ることが出来ません。そのため、細菌検査室に集められたデータを「見える化」して、院内の状況を把握できるようにしています。そしてそのデータを元に感染対策の実施や評価をしています。

Q.資格取得をして良かったと思う事例を教えてください。

感染対策について介入し、MRSAやクロストリジウム・デフィシルを含む薬剤耐性菌の発生率が減少傾向になりました。また菌血症の発生数も院内全体で下げることが出来ました。常に仕事は忙しいですが、このように行った感染対策の結果が目に見てくると非常に喜びを感じます。

Q.WEBを見ている方へメッセージ!!

感染対策は病院の裏方の仕事になりますが、土台を支える重要な仕事になります。
この病院に入院された患者さん、及び働いている職員ともに、感染症の脅威から身を護れるように日々頑張っています。

専門職活動紹介②〜皮膚・排泄ケア認定看護師

塙 千晴
褥瘡管理者

2男1女の母で、趣味は子供の野球観戦です。子育てと仕事の両立は大変ですがやりがいのある仕事のため日々頑張っています。

Q.認定看護師になったきっかけ

認定看護師になったきっかけは、外科病棟でがんの患者さんと出会ったことです。
癌性創傷や、ストーマ保有者となり排泄経路が変化しショックを受けている患者さんを受け持ち、専門的に学び患者さんの力になりたいと思ったからです。
これからも日々自己研鑽し、患者さんのケア向上にむけ努力していきます。

Q.専門分野について活動内容を教えてください。

創傷・ストーマ・失禁領域に関して個別性を重視したアセスメントを行いケア介入しています。
現在は病棟勤務のため、外科病棟のストーマケア、創傷、瘻孔ケアを行っています。また褥瘡リンクナース育成など院内教育にも努めています。

Q.資格取得をして良かったと思う事例を教えてください。

ストーマ患者さんが退院した後、ストーマの漏れが続きながら生活。通院しながら外来でストーマケアを継続してフォローしていく中、漏れがなくなり安心して社会復帰された時など患者さんにとても感謝されることがやりがいへとつながっています。

Q.WEBを見ている方へメッセージ!!

自分の目指す看護師像へ近づけるよう、一緒に頑張っていきましょう。
創傷・ストーマ・失禁領域に興味のある方一緒に認定看護師として働きませんか?お持ちしています。

専門職活動紹介③〜小児救急看護認定看護師

井川 真美

9歳と10歳の子どもを持つ母親です。育児と仕事を両立しながら、正範語録(一部抜粋)の言葉を胸に頑張ります。本気でするから大抵のことはできる。本気でするから面白い。本気でしているから誰かが助けてくれる。

Q.専門分野について活動内容を教えてください。

育児不安を抱えている保護者の支援、虐待予防、事故予防指導、救命技術指導など。
無限大の可能性を秘めている子ども達の健やかな成長発達を願い、病に立ち向かっている子ども達と保護者のサポートをします。

Q.資格取得をして良かったと思う事例を教えてください。

虐待やネグレクトの疑われる子ども達に対し専門的知識を活用し早期に介入し、職種間、関係機関との調整を行い子ども達の安全が守れました。
小学校で行った心肺蘇生講習が、小学生に命の大切さを考えて貰うきっかけ作りになる事が出来ました。

Q.WEBを見ている方へメッセージ!!

少子・核家族化が進む現代社会の子ども達・保護者・地域社会のニーズに応えるため、子ども達や保護者に寄り添い信頼関係を築き、子ども達にとっての最善を追求していきたいと思っています。子どもが好きな方一緒に働きましょう!

専門職活動紹介④〜救急看護認定看護師

菊池 成美

出身は岩手県です。岩手県はとても良い所ですが、初めて来た千葉県もとても良い所だと思いました。千葉県に来てまだ日が浅いので、これからもっと色々な所を見て歩きたいです。
救急看護認定看護師を取得してからもまだ日が浅く、救急外来の経験もまだまだ少ないですが、日々様々なことを経験し、学び、救急看護認定看護師として成長できるように頑張っていきたいと思います。

Q.専門分野について活動内容を教えてください。

救急外来にて、救急車で来院される患者に対し、少ない情報からも即応性、予測性をふまえたフィジカルアセスメントや病態に応じた迅速な救命技術の実践、また、夜間外来受診患者の院内トリアージの実践をしています。

Q.資格取得をして良かったと思う事例を教えてください。

人に説明することの大切さや論理的思考を学ぶことができたこと、患者の救命を第一優先に考えながらも「看護とは何か」「提供できる救急看護はなにか」を常に考える力ができました。
処置の介助だけではなく、救急看護ケア技術の提供ができたと感じた時に認定看護師を取得して良かったと思います。
また、共に悩み、考え、励まし合った仲間がたくさんできたこともとても良かったです。

Q.WEBを見ている方へメッセージ!!

救急看護の分野は、突然に発症した患者や家族を含め、あらゆる場所、あらゆるライフステージの方々に看護ケア技術の提供を行う広い分野です。
勉強は大変ですが、とてもやりがいのある分野です。

専門職活動紹介⑤〜緩和ケア認定看護師

淺野 亜佑美

おしゃれな寮と、ディズニーリゾートに日勤終わりで行ける環境、ディズニー関連の福利厚生のあった当院を就職先に選び、早数年・・・。外科病棟で勤務する中、≪緩和ケア≫に興味を持ち、緩和ケア認定看護師になりました。認定看護師として働く中の楽しみの一つに、学会や研修会の参加があります。学びを深めることが第一ですが、全国の美味しいもの、素敵な景色、憧れの先生や一緒に学んできた仲間と再会することができ、良い刺激となっています。
最近は、スカイツリーが間近に見える場所から通勤していて、夜のスカイツリーの色のチェックは欠かしません。食べる事、お酒を飲むこと、季節のイベントも大好きです。宜しくお願いします♪

Q.専門分野について活動内容を教えてください。

緩和ケアチームの専従看護師として、患者さん・ご家族の病気と診断された時から生じる痛み・つらさの緩和、経験される様々な思いに寄り添い、最期までその人らしく過ごせるよう多職種と連携し支援しています。

Q.資格取得をして良かったと思う事例を教えてください。

認定看護師教育課程で学んできたコミュニケーションスキルを実践し、短い時間の中でも患者さん・ご家族の思いを表出する関わりができた時、患者さん・ご家族の表情が穏やかとなり「話せてよかった」とお言葉を頂くことがあります。お役に立てたのではないか、と嬉しく思う瞬間であり、このスキルは私の強みとなっています。
処置の介助だけではなく、救急看護ケア技術の提供ができたと感じた時に認定看護師を取得して良かったと思います。
また、共に悩み、考え、励まし合った仲間がたくさんできたこともとても良かったです。

Q.WEBを見ている方へメッセージ!!

当院で一緒に学びを深め、緩和ケアの専門家を目指しませんか。患者さん・ご家族と接することが好きな方、緩和ケアに興味のある方は、是非当院へ。皆さんと緩和ケアについて語りあえる日を楽しみにしています。

専門職活動紹介⑥〜集中ケア認定看護師

塩野 昌代

24床のICUで、明るいスタッフに囲まれ、助けられながら仕事をしています。
そんなスタッフに日々感謝しながら、集中ケア認定看護師としてできることを精一杯行っていきたいと考えています。又、今年は特定行為研修を受講しています。
休日は愛犬と共にのんびりすることが楽しみで、おうちでゴロゴロし、日ごろの疲れを癒し、次の仕事への活力にしています。

Q.専門分野について活動内容を教えてください。

現在は集中治療室に勤務しています。循環器科・心臓血管外科の患者さんが多くをしめますが、様々な診療科の急性期看護を行っています。その中で、早期回復、合併症の予防を目標にスタッフ一同力を合わせ行っています。

Q.資格取得をして良かったと思う事例を教えてください。

看護とは何か、患者さまにとって必要な看護は何か・・ということを考える必要性を学びました。急性期にある患者さまは看護の手を必要とする機会が多くあります。そのことを考え、時には悩みながらも、患者さまが回復し、ICUから退室していく姿を見ることが、私の一番の喜びです。

Q.WEBを見ている方へメッセージ!!

急性期看護は大変なこともたくさんあります。しかし、その分たくさんのやりがいもあります!患者さまの笑顔・ご家族の笑顔を見ることなど、たくさん感じることもあります。急性期看護に興味のある方!一緒に楽しく看護を行っていきましょう!!