慢性呼吸器疾患看護認定看護師

専門分野の活動内容

主にCOPDや間質性肺炎などの慢性呼吸器疾患で入院してくる患者様への看護を行い、スタッフ教育も併せて行っています。慢性呼吸器疾患は病状をコントロールしていく必要がありますので、多職種と連携をとり、退院後の生活も視野に入れた退院支援を行っています。
当院では多くの介護度が高い患者様が入院しており、長期臥床による肺炎や痰貯留による誤嚥が少なからず発生します。そうした患者様では誤嚥が慢性的に発症する可能性がありますので、積極的離床をはじめとした予防が重要になります。そうした観点から、看護師全体の意識強化を目的とした院内勉強会等の啓発活動も行っています。

メッセージ

呼吸が苦しいという感覚は、どなたにとっても辛く、強い不安に繋がるものです。慢性呼吸器疾患を抱える患者様は常に息苦しさと隣合わせで生活を送っています。時には誰にも相談ができず1人で悩んでしまっていることもあります。
私は常に「入院」というイベントで人生が変わってしまったと患者様に思わせないことを念頭に置き、患者様・御家族に寄り添うように心がけています。
看護技術だけの指導だけではなく、退院後の生活をイメージし、それが実践できる看護をスタッフ教育における目標の1つとして考えています。

スタッフ紹介

宮澤 良佑(みやざわ りょうすけ)