千葉西総合病院 看護部

047-384-9406

病棟紹介

3階西病棟

1.病棟の特徴
3西病棟は小児科・内科・眼科の混合病棟です。小児科には、喘息・川崎病など様々な疾患の患者様が入院しています。内科には、糖尿病の教育や白内障・緑内障手術を目的とした患者様が入院されています。外来と連携し地域と密着した看護を行っています。

2.看護のやりがい
新生児からご高齢の方までと全ての年齢層の方と関わることが出来ます。小児看護やQOL向上を目指した看護そして周術期看護、様々な角度からの看護介入ができるやりがい溢れる病棟です!

3.病棟看護師からのメッセージ
新卒者の方も中途採用の方も、病棟全体で支え合いながら働きやすい職場環境を構築しています。小児看護にも、成人看護にも興味がある方は是非一緒に働きましょう!

3階東病棟

1.病棟の特徴
3階東病棟は産婦人科病棟です。妊娠・出産・産後だけでなく女性のライフサイクルに伴う様々な疾患を取り扱っています。階下には産婦人科外来があり、“助産師外来”“母乳と育児の相談室”など助産師が活躍できる環境があります。近年は、“さくら産後ケアセンター”など市と連携した取り組みにも力を入れています。

2.看護のやりがい
分娩介助をさせていただいたママとベビーちゃんが笑顔で元気に退院していく時に、「助産師だからこそ出産から育児のスタートという貴重な場面に関われる」という感謝とやりがいを感じます。また、授乳の介助ではママと二人三脚で頑張り、母乳の分泌が増加した時やベビーちゃんがおっぱいを吸ってくれるようになった時は、ママと一緒に喜んでしまうくらい嬉しい瞬間です。

3.病棟看護師からのメッセージ
3東病棟は、スタッフ同士の関係性がとてもよく、温かい職場です。
助産師外来や母親学級、分娩、産褥入院など助産師が主体となって関わることができる場が多く、やりがいもあります。みなさんと一緒に働けることを楽しみにしています!

4階東病棟

1.病棟の特徴
4階東病棟は一般内科を主に60床の病棟です。 高齢化社会を迎える中、80~90代の患者様を中心に日常生活の援助を行い、QOLを低下させないように医師、看護師、リハビリ、MSWと共にカンファレンスを開催し治療・看護を行っています。

2.看護のやりがい
患者様が笑顔で退院される姿を見たり、患者様から「ありがとう」と感謝された時にやりがいを感じます。

3.病棟看護師からのメッセージ
先輩たちのフォローを受けながら日々勉強に励み、先輩たちに少しでも近づけるよう頑張っています。内科は幅広い知識を学ぶことが出来ます。 是非一緒に働きましょう。

4階北病棟

1.病棟の特徴
当病棟は、心臓血管外科や循環器内科の疾患の患者様が多く入院しています。具体的には、虚血性心疾患・弁膜症・大動脈疾患・心不全・不整脈が主となるため、手術・カテーテル治療前後の看護、心電図の波形について学べる環境です。また、侵襲の高い治療が多いため、患者様や家族の気持ちに寄り添った看護を提供できるように、病棟全体で取り組んでいます。

2.看護のやりがい
急性期の患者様が多いため、入院から退院までの期間が短いことも病棟の特徴です。その中で患者様に名前を覚えて頂いたり、話しやすいと言ってくださったり「患者さんの心に少しでも残るような関わりができたのかな」と、とても嬉しく感じる場面が多くあります。

3.病棟看護師からのメッセージ
病棟に配属されて、もうすぐ1年が経とうとしています。同じ術式や疾患があっても、経過や目指すゴール、それに基づいて提供される看護は患者の数だけあるのだと日々実感しています。
先輩から頂く助言をもとに、個別性のある看護を一緒に考えてみませんか?ぜひ見学にお越しください♪お待ちしております♪

4階南病棟

1.病棟の特徴
当病棟は、隣接するSCUの後継病棟として脳外科患者様を中心に受け入れています。急性期から回復期まで様々な患者様が入院していますが、高次脳機能障害のある患者様の日常生活援助を含め、自立した生活へ少しでも近づき、戻れるように関わっています。

2.看護のやりがい
発症後、時間の経過とともにADLも拡大しつつある頃に、リハビリや日々の関わりの中で、より多くのことを自身で行えるようになった場面に立ち会えることです。できたことができなくなって、リハビリや離床で再び自分でできるようになる、その成果が私たちの日々の看護です。

3.病棟看護師からのメッセージ
脳外科領域に苦手意識がある方も多いかもしれません。でも、SCUのおかげで脳外Drは24時間勤務しており、フレンドリーな先生方ばかりなので、質問もしやすく、勉強できます。脳外患者様の急性期から回復期を一緒に応援していきましょう。

5階北病棟

1.病棟の特徴
56床の循環器内科病棟です。カテーテル全般、心不全、不整脈、ペースメーカー埋め込みや、心筋梗塞の急性期を脱しリハビリを行っている患者様が入院しています。その他に1泊2日でのカテーテル検査を目的とする患者様も受け入れています。長期間の治療を要する患者様ももちろんいますが、平均在院日数平均4.8日と回転の速い病棟です。

2.看護のやりがい
心疾患は生死に直結することが多く急変のリスクも高いため、高度な知識と技術が重要になります。患者の状態を把握し急変を未然に防いだり、敏速な対応をとることができた時にやりがいを感じます。また心疾患は生活習慣病と関連しており入退院を繰り返す患者が多くいます。個々に合わせた指導や教育を行い、元気に退院される時もやりがいを感じます。

3.病棟看護師からのメッセージ
当病棟は“楽しく仕事をする”をモットーに業務に就いています。若いスタッフも多いですが経験豊富なスタッフも多いので、様々な知識技術を学ぶことができ、お互いに協力しあって頑張ってます。

5階南病棟

1.病棟の特徴
当病棟は、循環器科内科病棟です。心臓カテーテル全般、心不全、不整脈、ペースメーカー植え込みや心筋梗塞の急性期離脱後のリハビリの患者が入院しています。さらに、最先端治療であるリードレスペースメーカーや、低侵襲のTAVI(経カテーテル大動脈弁治療) の術前から退院までの幅広い分野を学ぶことができます。

2.看護のやりがい
循環器疾患に対応できる専門的知識や技術を持ち、多職種連携を図りながら、チームで急性期ケアから退院支援まで行っています。患者様だけではなく、ご家族を含めて生活指導を行い、元気に笑顔で退院していく姿を見ると看護にやりがいを感じます。さらに、研修や学習の機会が豊富にあるためキャリアアップにも繋がることが魅力です。

3.病棟看護師のメッセージ
当病棟は平均年齢26歳と若く、お互い助け合うチーム力の強化に力を入れています。また活気があり勉強熱心なスタッフが多く、スキルアップができる環境です。学べば学ぶほど達成感や充実感を実感できるので一緒に働いてみませんか。

6階北病棟

1.病棟の特徴
主に外科・腫瘍内科の混合病棟になります。外科では、消化器・口腔外科・呼吸器外科・乳腺外科の手術が多いです。腫瘍内科も入っており、外来だけでなく入院して抗がん剤で治療行う患者様も来られるところが特徴です。

2.看護のやりがい
手術をした患者様の離床を促し、回復に向かうよう支援することに一番やりがいを感じます。術後早期離床を行っていくことで様々な術後合併症を未然に防いでいます。そのような患者様をスタッフや医師・理学療法士と話し合いながら離床させていくことで、無事退院できたときにとてもやりがいを感じます。

3.病棟看護師からのメッセージ
内科の看護をしたい、でも外科で急性期も経験したい。中には看護師にはなったけど、最初は何科にいったらよいか?悩んでいる方もいると思います。 そのようなときは、是非6北病棟で一緒に働いてみませんか?師長をはじめ、男性スタッフも活躍しておりみんなが仲良く働いています。

6階南病棟

1.病棟の特徴
消化器外科・消化器内科・外科・内科の患者様がいる病棟です。消化器全般の検査や手術を受ける患者様の看護や、抗がん剤を受ける患者様への看護など、周術期から慢性期まで、幅広い知識と技術が学べる病棟です。

2.看護のやりがい
消化器に関する広範囲切除術や、ストマ造設術を受けた患者様が、歩いて自宅へ退院する姿や、抗がん剤治療に通っている患者様が、外来で来られた時に病棟に、元気な顔を見せに来てくれる時など、とてもやりがいを感じられます。

3.病棟看護師からのメッセージ
様々な疾患の患者様が入院されており、幅広い検査や処置、手術の看護を学べます。勉強会を定期的に開催し業務の中で分からない事を確認、熱心に指導してくれる先輩がたくさんいます。日々成長できる場で一緒に看護をしましょう。

7階北病棟

1.病棟の特徴
整形外科・形成外科の混合病棟です。
主に骨折など手術を目的とした疾患や、腰椎圧迫骨折などの保存・眼瞼下垂や褥創の治療の患者様が入院してきます。小児~高齢者の方まで幅広く入院されてきますが、その多くは75歳以上の高齢者です。
急性期から回復期までの様々な患者様と関わる中で、他職種と連携し術後より離床を開始、早期に退院できるよう関わっています。

2.看護のやりがい
認知症や全介助の患者様が多く入院している病棟です。会話が出来なくてもケアをしている時にみられる笑顔や、患者様・家族の方々に日々の業務の中で言われる「あなたのおかげで良くなったわ。ありがとう」と感謝された言葉に、とてもやりがいを感じています。
また、手術を終えて早期にリハビリを開始し日々状態が回復していく姿を身近で感じられるのも、やりがいの1つです。

3.病棟看護師からのメッセージ
体力勝負の病棟ですが、若いスタッフも多く勉強会やカンファレンスを通して、日々スタッフ皆で勉強しながら知識や技術を身につけています。
優しい先輩や頼れる同期、一緒に頑張っている後輩と毎日頑張っています。
一緒に働いてみませんか。お待ちしております!!

7階南病棟

1.病棟の特徴
脳神経外科と泌尿器科の混合病棟です。短期の検査入院から手術支援ロボットを用いた手術、化学療法を受ける方、術後回復期のリハビリ中の患者等が多く入院されています。急性期から回復期まで幅広い知識が学べる病棟です。

2.看護のやりがい
ADLが低下してしまった患者様に対し、多職種で連携し日中の離床を促すことで、歩行状態の改善、自力での食事摂取が出来るようになる等ADLが改善していく姿を見ることでやりがいを感じます。
また、ボディーイメージの変化に戸惑いを感じている患者様に対し、不安に寄り添い傾聴し看護していくことにより、笑顔で退院していく姿を見るとやりがいを実感します。

3.病棟看護師からのメッセージ
様々な疾患の看護に係ることができ、とても勉強になります。
また月1回は必ず医師や看護師にて開催される勉強会があり、より知識を深めることができます。入退院が多く、また手術もあるため日々の業務は忙しいですがとてもやりがいのある病棟です。是非一緒に働きましょう。

カテーテル室

1.病棟の特徴
ステント治療はもちろん、レーザーやロータブレーター、不整脈に対する心筋焼灼術(アブレーションABL)やペースメーカー術(ペースメーカー、植込み型除細動器ICD、両心室ペーシングCRT)など、様々な治療を行っており、医師・看護師・放射線技師・臨床検査技師・臨床工学技師がチームで1人の患者様の検査・治療にあたっています。
1ヶ月900件カテーテルを行っており、多くの症例を体験できます。経験を生かし、日本IVR(血管内治療)学会のインターベンションエキスパートナースの学会認定取得もできます。

2.看護のやりがい
カテ室看護は、一人の患者様に、医師・看護師・放射線技師・臨床検査技師・臨床工学技師が1つのチームになって治療と看護を提供します。「血管の修復」という同じ目標に向かって治療を進め、困難な症例の時もありますが、患者さんの治療が安全に行え時には、達成感を感じます。そして患者さんの命を助けたり、患者さんのQOLの向上の手助けに関われることに嬉しく思います。

3.新人看護師のメッセージ
私は主に精神科救急で働いてきましたが、この4月より全く未経験の分野で再出発する事となりました。
当院での最先端・超急性期治療にチームとして関わるためには、日々沢山の勉強が欠かせませんが、温かいスタッフのサポートに恵まれ、日夜努力しています。
患者様に寄り添う医療者として、また働く看護師ママとしての両立を目指す毎日は大変ではありますが、それ以上にとても充実しています。

4.先輩看護師のメッセージ
多くの症例を経験することができます。また心臓カテーテル検査以外にも、脳や腹部の血管治療もたくさん行っており、様々な知識・技術を身につけることができます。
患者様にとってより良い看護を提供できるように経験を活かして、現在6名の看護師がIVR認定看護師の資格を取得しています。皆さんも是非カテ室で一緒に働いて盛り上げていきましょう。

集中治療室

1.病棟の特徴
当院ICUは24床を有しており、術後の患者様、救急外来からの緊急入院など、高度な全身管理を必要とする患者様の受け入れを行っています。
内科・外科問わず、24時間体制での受け入れを行っていますが、その中でも、心臓血管外科・循環器内科の疾患が多く入室します。
2:1の看護体制のもと、多職種と連携し、治療・看護にあたっています。

2.看護のやりがい
ICUから患者様が元気に退院していく姿はなかなか見ることはできませんが、患者様や家族とより深いかかわりが出来る場所です。その中で、多職種と密なコミュニケーションを取り、チーム医療の中で同じ目標に向かって治療・看護を行い、少しでも患者様が良い方向に向かった時にはやりがいを感じます。ひとつひとつのケアやアセスメントが直接患者様の状態や回復に繋がる事を感じ、日々の業務にあたっています。また、様々な患者様との関わりを通じて、幅広い知識と技術の習得が出来るのもやりがいです。

3.病棟看護師からのメッセージ
入職当初は不安や戸惑いを感じることが多々ありました。 しかし、当院は今年度より、アプリコット教育制度を取り入れ、みんなで役割を持って新入職者との関わりを行っており、困ったときに相談しやすい環境であると思います。 患者様の急性期看護を行う中で学ぶことはとても多く、大変な事もありますが、充実した毎日を送っています。

SCU

1.病棟の特徴
当病棟は、平成26年にオープンしたばかりの脳卒中ケアユニットSCUです。国内でも類を見ない病床数で、超急性期の脳梗塞・くも膜下出血・脳出血患者様を受け入れています。平均在院日数は10日です。ほとんどが緊急OPであり、月間OP件数は平均30件です。

2.看護のやりがい
状態変化の起こりやすい脳卒中超急性期分野ですが、ユニットケアという恵まれた環境の中でリハビリスタッフと協力し、早期離床と看護師のリハビリ介入が出来るよう日々努めています。また意識や麻痺レベル、神経症状など、治療を左右する観察を常時行っているという緊張感があるのでいい刺激となっています。常に患者様の為に新しい知識と技術を身につけたい、そんな気持ちがやりがいにつながっています。

3.病棟看護師からのメッセージ
脳卒中の超急性期患者の看護が3:1でできるため、全身状態の観察や画像判断など、学ばなければならない事はたくさんありますが、患者様との時間を多くもつことが出来ます。それだけに個別性を踏まえた関わりが出来るのも魅力です。患者様が1日でも早く社会復帰ができるよう一緒に応援していきましょう。

手術室

1.病棟の特徴
手術室はハイブリット室、バイオクリーン室を含む11室あり、屋上ヘリポートから直接入室できる設備も整っています。低侵襲心臓手術、ロボット手術をはじめとした最新治療も行っており、年間手術件数は平成28年度5859件、24時間365日緊急対応できるよう万全の体制をとっています。

2.看護のやりがい
手術という医療の最先端で医師・麻酔科医・臨床工学技士・放射線技師など様々な部署が関わるチームの一員として命を救う瞬間をともに働くというのは手術室の魅力です。『患者様に安全に手術を提供する』という目標に向かってチームが団結し、やり遂げた達成感は大きなやりがいを感じます。

3.病棟看護師からのメッセージ
新人からベテラン看護師まで活躍し、とても明るい雰囲気の手術室です。様々な科が経験できる手術室では幅広く専門的な知識や技術を学ぶ事ができ、最新治療にも携わる事ができます。はじめは不安でもできるようになるまで先輩がサポートしますので安心して手術看護を学べます。

救急外来

1.病棟の特徴
当院は断らない救急を実践しており、24時間365日救急患者の受入れ体制を整え稼働しています。
地域の二次救急中隔病院として年間救急台数1万件を超え、小児から高齢者まで幅広く様々な患者様が搬送されてきます。
特に循環器、心外、脳外などに力を入れているため緊急対応にも強いことが特徴です。

2.看護のやりがい
医師や救急隊、救命士・コメディカルとともにチームとなって患者様を救うということが、救急看護の醍醐味だと思います。
常に優先順位を考えながら行動し、重症症例ではスピードを要すため看護技術はもちろん判断力、対応力が要求される現場です。
患者様の訴えや症状を元にできるだけ早く治療が出来るように手助けをする、さらに患者様だけでなく家族看護も視野に入れて働きかける事がやりがいだと感じています。

3.病棟看護師からのメッセージ
当院の救急看護師はみんな向上心があり、認定看護師、特定看護師、ACLSやJPTECなど救急に関する資格を積極的に取得しようという姿勢があります。
興味のある資格やキャリアアップに関しては病院のバックアップ体制も整っています。やる気のある方お待ちしています。

透析センター

1.病棟の特徴
透析センターのベッド数は45床(個室含む)あり、入院患者様と外来患者様の血液透析、腹膜透析に対応しています。年間2万2千件を超える件数を行っています。働いている患者様に対応するため、積極的に夜間透析も行っています。

2.看護のやりがい
透析看護は、患者様が円滑に透析治療受けられるよう援助するだけでなく、色々な基礎疾患を持つ患者様が多いため、たくさんの知識が必要になります。日々新たな学びがあり、とても勉強になり、自己学習への意欲が湧きます。また、外来で通院される患者さんと週3回長期にわたって関わることができ、患者様に寄り添った看護ができます。

3.病棟看護師からのメッセージ
透析センターは、スタッフの年齢層が幅広く、業務の相談はもちろんのこと、プライベートについても色々と教えてもらえる働きやすい環境です。
患者様のことを第一に考え、スタッフ間でもカンファレンスを行ない、看護につなげています

外来化学療法センター

1.病棟の特徴
外来化学療法センターは、外来通院で化学療法(抗がん剤治療・生物学的治療)を「安全・安心・高い治療効果」で受けていただけるように腫瘍内科医・薬剤師・看護師が主治医とともにチームで治療を行っています。

2.看護のやりがい
外来化学療法センターの看護師の役割は、患者様が安全で安心に治療が遂行できるよう実施中の点滴管理や全身状態のきめこまかな観察をおこないます。また、化学療法の副作用対策や自己管理の指導を行い、患者様の治療に対する不安の軽減に努めています。
院内のIVナース養成コースを開催し、抗がん剤投与時の静脈注射認定看護師の育成もしています。

3.病棟看護師からのメッセージ
私は、三人の子供を育てながら働きています。病院の保育所に預け、更に幼稚園を併用させ通園しています。安心して預けられ、とても助かっています。そのため、仕事にも集中でき充実した環境で働けています。今後も、患者様とその家族に寄り添った看護を提供していきたいと思っています。

外来

1.病棟の特徴
地域を担う総合病院として、当院では1日約1500名ほどの患者様が受診され、専門性の高い診療を提供しています。
メディカルクラークや病棟看護師とも協力し、循環器・心臓血管外科だけでなく、外科や消化器内科などにも専門のコーディネーターを配置し、患者様を入院・検査・手術・外来等までトータル的にサポートできる体制が整っております。

2.看護のやりがい
外来の特色として、患者様ひとりひとりに関わる時間は短いですが、短い時間のなかでも迅速かつ適切に対応していく必要があります。適切な処置やケアが受けられるよう救急外来と協力をし、的確なトリアージを実践するために、知識・技術の向上を図っています。
特に夜間においては、様々な診療科の患者様が受診することもあり、幅広い知識が必要であり、スキルアップに日々努めています。

3.病棟看護師からのメッセージ
外来での業務は、短い時間のなかで、あれもこれも同時進行でしなければならない上に、アセスメントにもスピードが求められ、慣れるまでは大変でした。
しかし、困ったことがあるとすぐに先輩が声を掛けてくれるので、相談しやすい環境であり達成感も得ることができます。